HOME > スニーカー物語 > エレキギター規定曲攻略セミナー レポート

エレキギター規定曲攻略セミナー レポート

7月28日(月)、MIKIミュージックサロン梅田にて「規定曲攻略 エレキギターセミナー」が行われました。

音作りの心得からスコアに載っていない演奏のポイントまで細やかに指導

入口にはエピフォンのスニーカーおすすめセットが展示されています!

申込み期間中から人気のあったセミナーで、第1部は早々に満員になりました。今年から始まった「BOSSマルチエフェクター ME-80」貸出し当選校をはじめ、たくさんのギタリストが集い、エレキギターとエフェクターで会場はいっぱい。配布資料もたくさんで、身動きとれないほどでした。

講師は、MIKIミュージックサロンの小野洋平先生。1曲ごとに、ME-80を題材にした音作り→演奏方法の解説→先生の参考演奏という3ステップで進みます。
音作りのコーナーではBOSSの平田さんも一緒に進行し、豊富な知識とノウハウを惜しみなく規定曲の音作りに注いでくださいました。(ほんとに音が完コピ!)小野先生からも、「規定曲は『歌もの』だから、全体のバランスをよく考えて、楽曲の邪魔をしない音作りを考えないといけない」との心得を教わりました。

演奏方法の解説では、スコアを追いながらポイント指導。「スコアには載っていないがコッチの弾き方の方が便利だよ」、「ギターだけでなくドラムやベースなど他パートも休符になっている部分はしっかりタテを揃えるように」、「『女の子は泣かない』Cメロ前のフレーズの運指はこうだよ」など、みんな書くのに弾くのに忙しいくらい、時間の許す限り、次々と教えてくださいました。先生の参考演奏には、みんな真剣な表情で食い入るように見ていたのが印象的でした。


たくさんの質問から伝わる部員たちの熱意

そして、インフォメーションのコーナーへ。
カラオケJOYSOUNDを運営されている「株式会社エクシング」さんが、ギター演奏支援アプリ「ギタナビ」で展開中のWe are Sneaker Ages × JOYSOUNDのコラボレーション企画を紹介してくださいました。 個人練習に最適なアプリで、ギターマイナスワンの音源にあわせてTAB譜が流れていくのを見ながら練習できるという、いわゆる「神アプリ」です!!今日は、そのアプリの開発に携わっておられるエクシングの阿部さんが、東京から来てくださいました。ギタリスト必須のアプリだと思います。

最後に、大会ステージディレクターの三木楽器・渡辺より、予選会ステージでの諸注意をお伝えしました。シールドは本体に絡ませること、エフェクターが多い場合はエフェクターケースを使用すると良いことなど、3週間後に迫った予選会に向けての具体的なお話でした。

終わってからの質問コーナーでは、ME-80のメモリ方法の質問や音作りの相談、チョーキングのコツなど、小野先生・BOSS平田さん・三木楽器の渡辺の3人が手分けして質問対応にあたりましたが、本当にたくさんの質問が来て、みんなの熱心な気持ちが伝わりました。今日のセミナーもかなり「来ておいてよかった!」な内容だったと思います。これからの練習に活かしてもらいたいです。ご参加ありがとうございました!!


▲Page Top