HOME > 歴史 > 第37回大会 > 大阪府立 富田林高校 軽音楽部

第37回大会 グランプリ大会 出場校紹介

E.No.4 大阪府立 富田林高校 軽音楽部

学校HPへ クラブHPへ

大阪府立 富田林高校 軽音楽部

★演奏曲

「Dear My Friend」
コピー曲/Every Little Thing

★GP大会出場回数

4年連続11回目

★創部

1976年

★代表顧問名

松村 淳一 (顧問歴:4年)

★部員数

【1年生:42名】【2年生:36名】【3年生:30名】 合計 108名


クラブの特徴

協力することを最優先課題とし、バンド単位になりがちな活動をクラブ全体として考え直してゆくことを目標にしています。練習時間は、基本的に毎日ありますが、廊下や教室等でもパート練習を実施し、全体練習を部室で行うように心がけています。特に、リズムをしっかり合わせてバンドの各パートがよくそろうようにします。また、練習が行えていることやイベントに出場できることを周囲の人々に対して、感謝の気持ちを持つことで部活動の位置づけを行っています。

グランプリ大会に向けた意気込み

スーパーアリーナの会場にふさわしい演奏になるよう、音量、音程、リズムに注意し、迫力のある演奏を心がけています。原曲の華やかさと街がクリスマスの雰囲気一色になる情景、さらに高校生らしい表現を行っています。また、上宮太子高校軽音楽部さんなど他校との交流や外部イベントを通して、音を客観的に見直す機会を作ることもできました。校内では、中庭や体育館等、環境の異なる場所で演奏しました。今日は是非、その成果を生かして最高の演奏をお届けします。

アピールポイント

Vocal石田美羽の歌唱力。コーラス白石美咲・益田早菜のチームワーク。ギター澤田猛の安定したバッキングと上野鈴音の奏でるメロディーのアンサンブル。ベース渡邊亜美とドラム竹島朱音の安定感。そのリズムをカラフルに彩る榎原優花のパーカッション。美しくも迫力のある、多様な音色を自在に操る光野真由、河端美沙紀のキーボード。

グランプリ大会 出場校・出場順

学校名をクリックすると各校の詳細ページに移動します。
No. 学校名 クラブ名 GP大会
出場回数
1 奈良県立 西の京高校 軽音楽部 4年ぶり3回目
2 私立 京都女子高校 軽音楽部 2年ぶり5回目
3 大阪府立 夕陽丘高校 YMW部 初出場
4 大阪府立 富田林高校 軽音楽部 4年連続11回目
5 和歌山県立 和歌山高校 総合音楽部 5年連続15回目
6 大阪府立 交野高校 軽音楽部 5年ぶり2回目
7 大阪市立 大阪ビジネスフロンティア高校 軽音楽部 初出場
8 大阪府立 四條畷高校 軽音楽部 2年連続2回目
9 私立 四天王寺中学校 軽音楽部 2年ぶり13回目
10 大阪府立 北摂つばさ高校 軽音楽部 初出場
招待
演奏
私立 日本大学第一中学・高等学校 ギター部 -
11 大阪市立 平野北中学校 軽音楽部 3年連続3回目
12 大阪府立 河南高校 軽音楽部 2年連続2回目
13 大阪府立 吹田高校 軽音楽部 12年ぶり3回目
14 私立 阪南大学高校 軽音楽部 2年ぶり13回目
15 大阪府立 柴島高校 軽音楽部 2年連続17回目
16 私立 あべの翔学高校 軽音楽部 2年連続10回目
17 私立 近畿大学附属高校 E.S.S.S. 12年連続12回目
18 私立 帝塚山学院高校 軽音楽部 2年ぶり5回目
19 私立 京都光華高校 軽音楽部 17年連続17回目
20 私立 奈良育英高校 軽音楽部 2年ぶり4回目