HOME > 歴史 > 第36回大会 > 大阪府立 富田林高等学校 軽音楽部

第36回大会 グランプリ大会 出場校紹介

E.No.5 大阪府立 富田林高等学校 軽音楽部

学校HPへ クラブHPへ

大阪府立 富田林高等学校 軽音楽部

★演奏曲

「YOU GIVE LOVE A BAD NAME」
コピー曲/BON JOVI

★GP大会出場回数

3年連続10回目

★創部

1976年

★代表顧問名

戸田 景士 (顧問歴:4年)

★部員数

【1年生:36名】【2年生:30名】【3年生:30名】 合計 96名

クラブの特徴

協力することを最優先課題とし、バンド単位になりがちな活動をクラブ全体として考え直してゆくことを目標にしています。練習時間は、基本的に毎日ありますが、廊下や教室等でもパート練習を実施し、全体練習を部室で行うように心がけています。特に、リズムをしっかり合わせてバンドの各パートがよくそろうようにします。また、練習が行えていることやイベントに出場できることを周囲の人々に対して、感謝の気持ちを持つことで部活動の位置づけを行っています。

グランプリ大会に向けた意気込み

スーパーアリーナの会場にふさわしい演奏になるよう、音量、音程、リズムに注意し、迫力のある演奏を心がけています。原曲の分かり易くストレートなイメージを残しつつ、高校生らしい表現を行っています。また、門真なみはや高校フォークソング部、河南高校軽音楽部といった他校さんとの交流を通して、音を客観的に見直す機会を作ることもできました。校内では、中庭や体育館等、環境の異なる場所で演奏しました。今日は是非、その成果を生かして最高の演奏をお届けします。

アピールポイント

Vocal岩垣敦哉のストレートな歌唱力とコーラスの別所茉耶、峯有紀のチームワーク。2人のGuitar廣岡璃久、金谷慈恩の役割を考えたアンサンブル、Keyboard青木佑有、置田あゆみのカラフルな音色の使い分け。リズム隊=Bass片田亮、Drums細見尚暉の安定感、リズムに味付けする電子Percussion木村華奈絵。

グランプリ大会 出場校・出場順

学校名をクリックすると各校の詳細ページに移動します。
No. 学校名 クラブ名 GP大会
出場回数
1 私立 あべの翔学高校 軽音楽部 2年ぶり9回目
2 私立 近畿大学附属高校 E.S.S.S. 11年連続11回目
3 私立 大谷中学校(大阪) フォークソング部 10年ぶり2回目
4 私立 同志社女子高校 軽音楽クラブ 2年ぶり9回目
5 大阪府立 富田林高校 軽音楽部 3年連続10回目
6 大阪府立 四條畷高校 軽音楽部 初出場
7 私立 香ヶ丘リベルテ高校 表現塾 初出場
8 私立 同志社高校 軽音楽部 4年ぶり3回目
9 大阪府立 門真なみはや高校 フォークソング部 2年連続9回目
10 大阪市立 平野北中学校 軽音楽部 2年連続2回目
11 大阪府立 柴島高校 軽音楽部 2年ぶり16回目
12 私立 大谷高校(京都) 軽音楽部 初出場
13 私立 大阪夕陽丘学園高校 軽音楽部 初出場
14 私立 大阪国際滝井高校 軽音楽部 4年連続5回目
15 私立 同志社香里高校 軽音楽部 5年連続5回目
16 私立 東大寺学園高校 音楽部 初出場
17 私立 京都光華高校 軽音楽部 16年連続16回目
18 大阪府立 西寝屋川高校 フォークソング部 初出場
19 和歌山県立 和歌山高校 総合音楽部 4年連続14回目
20 大阪府立 河南高校 軽音楽部 初出場