HOME > 歴史 > 第34回大会 > 奈良県立 橿原高等学校 Sound Art Society

第34回大会 グランプリ大会 出場校紹介

E.No.7 奈良県立 橿原高等学校 Sound Art Society

★演奏曲

「Grip!」
コピー曲/アーティスト:Every Little Thing

★GP大会出場回数

2年ぶり7回目

★代表顧問名

西嶋 謙治

★部員数

【1年生:27名】【2年生:31名】【3年生:20名】 合計 78名

クラブの特徴

学校一人数の多い部です。部室に部員全員が入ることはできず、練習場所には教室などをお借りして日々たくさんの人に支えられながら活動しています。大所帯ゆえの衝突は少なくありませんが、そんな個性の一つひとつがこのS.A.S.を作っています。

アピールポイント

今までのS.A.S.のイメージを覆すような曲です。歌詞の中に「最後に笑うため」というフレーズがあり、そこが一番のアピールポイントです。私たちの演奏で会場のすべての方々に勇気、希望、笑顔を届けたいです。

グランプリ大会に向けた意気込み

昨年度は、グランプリ出場を果たせず悔し涙を呑みました。その悔しさをバネにここまで進んできました。そんな新たに目覚めた私たちS.A.S.の演奏を舞洲の舞台で精一杯出し切りたいと思います。

  • 予選大会ダイジェスト

  • グランプリ大会に向けて

No. 学校名 クラブ名 GP大会
出場回数
1 私立 京都光華高等学校 軽音楽部 14年連続14回目
2 私立 帝塚山学院高等学校 軽音楽部 2年連続3回目
3 大阪市立 鶴見商業高等学校 軽音楽部 3年連続3回目
4 大阪府立 富田林高等学校 軽音楽部 5年ぶり8回目
5 姫路市立 飾磨高等学校 フォークソング部 14年ぶり4回目
6 私立 プール学院高等学校 フォークソング部 4年連続4回目
7 奈良県立 橿原高等学校 Sound Art Society 2年ぶり7回目
8 私立 大阪女子高等学校 軽音楽部 7年連続8回目
9 和歌山県立 和歌山高等学校 総合音楽部 2年連続12回目
10 私立 四天王寺中学校 軽音楽部 4年連続11回目
11 大阪府立 柴島高等学校 軽音楽部 2年連続15回目
12 私立 同志社女子高等学校 軽音楽クラブ 3年ぶり8回目
13 私立 奈良育英高等学校 軽音楽部 2年ぶり2回目
14 私立 大谷高等学校 フォークソング部 6年ぶり12回目
15 私立 同志社香里高等学校 軽音楽部 3年連続3回目
16 大阪府立 天王寺高等学校 軽音楽部 6年ぶり3回目
17 私立 四天王寺高等学校 軽音楽部 4年ぶり14回目
18 天川村立 天川中学校 音楽部 6年連続6回目
19 私立 近畿大学附属高等学校 E.S.S.S. 9年連続9回目
20 私立 大阪国際滝井高等学校 軽音楽部 2年連続3回目