HOME > 歴史 > 第34回大会 > 姫路市立 飾磨高等学校 フォークソング部

第34回大会 グランプリ大会 出場校紹介

E.No.5 姫路市立 飾磨高等学校 フォークソング部

★演奏曲

「Runaway Baby」
コピー曲/アーティスト:Bruno Mars

★GP大会出場回数

14年ぶり4回目

★代表顧問名

塩田 晃士

★部員数

【1年生:18名】【2年生:11名】【3年生:10名】 合計 39名

クラブの特徴

コンサート、ライブ、各種イベントで出演の機会があるたびに、パートごとにオーデションを行い、勝ち残った人のみが、出演できます。ライバルとの競争があるからこそ、本当の友情が生まれます。
最初は30人ぐらい入部しますが、1年過ぎると10人ぐらいになります。本気で音楽やバンドを愛する人のみが残って頑張っています。

アピールポイント

本物のロックを追求しています。洋楽に対するこだわりは、先輩からの伝統です。ロックの持つ自由さ、魂の開放、激しさの中にある優しさは、どの学校にも負けないと自負しています。
むずかしいことは抜きにして、飾磨の音に身をゆだねて下さい。体が自然に動き出し、舞洲アリーナが、巨大なダンスフロアーになるでしょう。頑張ります。

グランプリ大会に向けた意気込み

14年ぶり4回目の出場ですが、過去3回の出場は前の顧問の先生の時代で、実際は現在の顧問も部員も初出場のような気持ちです。今まで、このグランプリ大会に行けなかった先輩たちの分まで、心を込めて演奏して、楽しみたいと思っています。会場の皆さんと最高の時間を共有できることを楽しみにしています。

  • 予選大会ダイジェスト

  • グランプリ大会に向けて

No. 学校名 クラブ名 GP大会
出場回数
1 私立 京都光華高等学校 軽音楽部 14年連続14回目
2 私立 帝塚山学院高等学校 軽音楽部 2年連続3回目
3 大阪市立 鶴見商業高等学校 軽音楽部 3年連続3回目
4 大阪府立 富田林高等学校 軽音楽部 5年ぶり8回目
5 姫路市立 飾磨高等学校 フォークソング部 14年ぶり4回目
6 私立 プール学院高等学校 フォークソング部 4年連続4回目
7 奈良県立 橿原高等学校 Sound Art Society 2年ぶり7回目
8 私立 大阪女子高等学校 軽音楽部 7年連続8回目
9 和歌山県立 和歌山高等学校 総合音楽部 2年連続12回目
10 私立 四天王寺中学校 軽音楽部 4年連続11回目
11 大阪府立 柴島高等学校 軽音楽部 2年連続15回目
12 私立 同志社女子高等学校 軽音楽クラブ 3年ぶり8回目
13 私立 奈良育英高等学校 軽音楽部 2年ぶり2回目
14 私立 大谷高等学校 フォークソング部 6年ぶり12回目
15 私立 同志社香里高等学校 軽音楽部 3年連続3回目
16 大阪府立 天王寺高等学校 軽音楽部 6年ぶり3回目
17 私立 四天王寺高等学校 軽音楽部 4年ぶり14回目
18 天川村立 天川中学校 音楽部 6年連続6回目
19 私立 近畿大学附属高等学校 E.S.S.S. 9年連続9回目
20 私立 大阪国際滝井高等学校 軽音楽部 2年連続3回目